安全・教育体制 安全・教育体制

安全・教育体制

ドリームホールディングスグループの安全・教育体制に関する取り組み
安全性優良事業所認定取得

安全性優良事業所認定取得

国土交通省が推進する「安全性優良事業所」の認定取得に向け、2016年度より取り組んでいます。新規営業所を含め、2022年度までに全営業所が取得を目指し、安全教育をしています。
取得会社の一部ではIT点呼も実施しています。
座学

座学

会社員として次期管理職の立場から会社のルールやマネジメント教育の基礎を学んでいきます。一般社員の模範となり指導していく立場でスキルアップができます。研修により理解でき、行動・アドバイスなどモチベーション向上に繋げていきます。(人材育成)
健康診断

健康診断

全社員の健康管理の一環として、年1回の検診車を使用しての健康診断を実施。また、深夜業務についている社員には、年2回実施しています。
参加できなかった社員も、病院・健診センターにて必ず受診して頂きます。
デジタルタコグラフ

デジタルタコグラフ

国土交通省認定のデジタルタコグラフを採用しており、皆さんが安全に運行出来るように毎日の運転状況を記録して、速度超過や急加減速など危険に繋がる恐れがあればアラームで安全運転を促します。
また、日報作成も手間が掛からないように、自動で生成しています。
ドライブレコーダー

ドライブレコーダー

デジタルタコグラフとドライブレコーダーが連動しており、危険度のランク別に警告時の映像記録を抽出し、より確かで細やかな安全指導を行っております。
万が一の際にも、明確な証拠として保険会社や警察に提出しドライバー保護に役立てております。
バックモニター

バックモニター

自家用車よりも車体が大きく車高の高いトラックには死角が多く、後方確認をより安全により確実に行うためにバックモニターを取り付け、後進時や駐停車時に活用して事故の予防に役立てております。